内喉頭筋とは、咽頭内にある軟骨群(甲状軟骨、輪状軟骨、披裂軟骨)をつなぐ筋肉群のことを指します。内喉頭筋には

  • 声帯を薄く引き延ばす(伸展させる)
  • 声門を広げる(外転・開大させる)
  • 声門を狭める(内転させる)
  • 声帯に厚みを加える
  • 声帯を閉鎖する
  • 声帯を弛緩させる

等、様々な役割があり、これらの役割を各々の筋肉が担っています。

喉頭位置

正しい発声を身につける、つまりミックスボイスを習得するためには、これら全ての筋肉の機能性に高め、十分にコントロールする必要があります。「コントロール」というのは、声帯に強く作用させることはもちろん、反対に作用させすぎない、適度に機能させることが大事であることを意味します。

また、これらの筋肉は単一で声帯に作用することはほとんどありません。声帯を引っ張る筋肉と声帯を弛緩させる筋肉が同時に機能したり、ある筋肉により声門が広げられる一方、別の筋肉は声門を閉じるように機能するなど、相反する機能を持つ筋肉同士が同時に働くことがほとんどです。一見、非効率に思えるかもしれませんが、このような筋肉の作用バランスの中で、声帯は発声におけるベストコンディションを手に入れることができるのです。

以下、各筋肉の名称とその機能についてご紹介していきます。各々単一の筋肉について学習していただきたいのはもちろんですが、それと同時に、その筋肉がミックスボイス発声を実現するにあたり、筋肉郡の中でどんな役目を担っているのかを理解していただければ、筋肉の働きだけでなくミックスボイス習得の練習工程の全体像が見えてくるでしょう。ですので、ここではミックスボイス習得工程の流れに沿って各筋肉のご紹介をしていきます。発声練習をするにあたり、イメージは非常に重要です。ここで正しい筋肉の働きを理解し、発声練習に生かしていただければと思います。

輪状甲状筋(前筋)/声帯伸展

輪状甲状筋

この輪状甲状筋は、ミックスボイス習得において、どの筋肉よりも先に機能性を高める必要がある筋肉です。なぜかというと、声のピッチ(高低)を変化させるのがこの輪状甲状筋だからです。まず、声に正しく高低をつけらえれるようにする。その後、各々の音の高さでの声質(ファルセット→ヘッドボイス→ミドルボイス)と声の難易度を上げていくこれが正しいミックスボイス習得の手順となります。

輪状甲状筋は声帯を前後に伸展させ、薄く引き伸ばします。この作用を受け、声帯は高音を発することができるようになります。ギターを触ったことがある人は、ギターの弦を締める行為をイメージしてみてください。このとき、その弦が発する音は、弦がきつく締められる程に高くなることでしょう。この原理と同じです。ギターの弦調整を演奏前に行うのと同様に、この輪状甲状人の機能を高めることは、正しい発声を習得する上での前提条件となります。したがって、輪状甲状筋は最も基本的で重要な筋肉ということができるでしょう。

輪状甲状筋を軸に考える

ミックスボイスを習得する手順を喉頭筋の機能の観点から理解する際、「輪状甲状筋が全ての喉頭筋の軸であり、その他の筋肉は輪状甲状筋の補完をするために機能する」と認識すると理解がしやすくなります。まずは、声の種類を問わず高い音域を無理なく発声できるようになる。その後、その声に肉付けをしていく。という考え方です。

具体的には、輪状甲状筋が十分に作用するようになると、「ファルセット」が発声できるようになります。このファルセットをヘッドボイス(閉鎖筋により)に変え、ヘッドボイスをミドルボイス(声帯筋により)に変える。これが輪状甲状筋的視点から表現するミックスボイスの習得過程です

後輪状披裂筋(後筋)/声帯伸展・開大

後輪状披裂筋

輪状甲状筋の働きについてご紹介しましたが、実は、輪状甲状筋だけでは声帯を伸展させることはできません。そもそも、「物」を変形させる際、力をただ受けるだけでは「物」は変形できないのです。では、何が必要なのかというと、その力を受け止める力が必要なのです。

輪ゴムを想像してみてください。輪ゴムを引き伸ばそうとする際、右手で輪ゴムを持っただけの状態で、輪ゴムを右に引っ張ったところで、輪ゴムは右手とともに右に移動するだけでしょう。輪ゴムを変形させるには、左手でもう一方をしっかりと支えるか、もしくは左手でさらに反対方向に引っ張るかいずれかをしなければならないのです。

この右手の役目をするのが、この後輪状披裂筋なのです。輪状甲状筋の力を受け止める後輪状披裂筋は、その機能から輪状甲状筋の拮抗筋と呼ばれます。

拮抗筋とは

拮抗筋とは、ある筋肉が機能する際、その機能と反対方向に働く筋肉のことを指します。

「綱引き」を思い出してください。綱引きは、綱を両方向から引っ張り合うスポーツですが、この綱を引く両チームを筋肉ととらえた場合、お互いがお互いの拮抗筋ということになります。ある筋肉が、ある対象に作用を及ぼそうとする際、拮抗筋の存在がそれを「助長」もしくは「制御」します。助長と制御、一件反対の意味を成す言葉ですが、これはどういうことなのでしょうか。

例えば綱引きで考えた場合、チームA(筋肉A)が綱に「張力を与えること」を目的とした場合、拮抗筋であるチームB(筋肉B)の働きはその機能を「助長」するものとなります。一方、チームA(筋肉A)の目的が、綱を「自分達の方に引き寄せること」であった場合、拮抗筋であるチームB(筋肉B)の働きは、それを「抑制」するものとなります。

したがって、両方の筋肉が作用する対象、さらには受ける影響の「捉え方」によって、拮抗筋同士の2つの筋肉は同じ作用をすると捉えることができることもある一方、相反する作用をするものとして捉えられることもあるのです。

いずれにしても、喉頭筋群が拮抗筋としてお互いに作用しあい、全体が調和した状態で声が発せられることが豊かな声を発するのに必要なこととなります。

外側輪状披裂筋(側筋)と披裂間筋(横筋)/声門狭小

外側輪状披裂筋(側筋)と披裂間筋(横筋)

輪状甲状筋と後輪状披裂筋の作用により、声帯は前後に伸展できるようになりました。しかし、この2つの筋肉のみが作用した状態の声帯では、声門が大きく開いた状態になってしまいます。

高音域をしっかりとした声(地声要素を含む声)で歌うためには、開いた状態の声門を狭める必要があります。(※もちろん、意図的に声門を開く、つまりファルセットを使用する歌唱法は、非常に効果的な表現方法の1つです。)

この声門を狭くするのが、これら外側輪状披裂筋(側筋)と披裂間筋(横筋)です。この声門を狭める作用、および閉鎖する作用内転といいます。(この内転作用を起こす筋肉をまとめて閉鎖筋と呼びます。閉鎖筋と表現した場合、この外側輪状披裂筋(側筋)と披裂間筋(横筋)、それから後に紹介します甲状披裂筋が含まれます。)以上の筋肉により、声帯が伸展し、声門が狭小した状態になると、ヘッドボイスが発声できるようになります。

外側輪状披裂筋の「外側」は「がいそく」と読みます。外側輪状披裂筋は字のとおり、両側面から輪状軟骨と披裂軟骨をつなぎます。披裂間筋は「横披裂筋」とも呼ばれます。披裂間筋は、対の披裂軟骨を括るようにつないでいます。

外側甲状披裂筋(外筋)/低音域発声

外側甲状披裂筋

さて、これまでの流れで高音域はヘッドボイスまでの発声ができるようになりました。では、低音域はどのような筋肉が作用することで発せられるようになるのでしょうか?

この低音域発声に影響を及ぼしていると言われているのが、この外側甲状披裂筋です。これまでご説明してきました筋肉に比べて語調が弱いのには理由があります。実は、この外側甲状披裂筋と低音域の因果関係はまだきちんと証明されていないのです。したがって、あくまで「推測」の域を超えない話になります。この外側甲状披裂筋は発声以上に、食べ物を飲み込む際、それらが気管に入ってしまわないように機能するという重要な任務があります。

このように、生命維持において重要な機能であるが故、ほとんどの人がこの筋肉においては訓練せずに十分に機能させることができます。では、低音を発声するのが苦手な人はどの筋肉を鍛えればいいのだという疑問を抱くかもしれませんね。実は、低音がうまく出せない多くの原因は「力み」にあります。(詳しくは理想的な低音が発される際の筋肉群の働きのページでご確認ください。)

ここからは「声帯そのものを構成する筋肉」のご紹介になります。声帯は筋肉と粘膜で構成されており、ここではその粘膜の内側の筋肉についてご紹介していきます。

内側甲状披裂筋(内筋)/声帯接近・弛緩・形状維持

内側甲状披裂筋

これまでの筋肉郡により声帯は伸展し、声門は狭小しました。しっかりイメージできていますか?しかし、ミックスボイス発声には声帯の状態がまだ十分ではありません。

伸展・接近しただけの声帯では、中音域あたりから声がヘッドボイスに変化してしまいます。この内側甲状披裂筋は中高音域においてミドルボイス、つまり地声要素を含む声を発声するために、声帯に接近・弛緩・形状維持これら3つの作用をもたらします。詳しくは内側甲状披裂筋の働きのページをご確認ください。

声帯筋/声門閉鎖・声帯一部振動

声帯筋

さて、いよいよ最後の内喉頭筋のご紹介になります。声帯筋は、先ほどご紹介した内側甲状披裂筋(内筋)のさらに内側の筋肉を指します。内側甲状披裂筋と声帯筋の正確な境目はありません。ですが、これらを区別して扱うのには理由があります。それは、この声帯筋を機能させることができない人が多いからです。

手の平を広げてみてください。冬の寒い日、手がかじかんだ経験があるでしょう。このとき、指先の感覚がなくなりませんでしたか?高音域をミドルボイスで発声できない人の声帯筋は、この指先の神経が機能していない状態に似ています。つまり、声帯筋の運動機能が眠っている状態なのです。ミドルボイスを発することができるようになるには、この筋肉を覚醒させる必要があります。

高音域において、内側甲状披裂筋の機能を適度に保った状態で声帯筋を機能させることができるようになると、声帯筋部分のみが振動するようになります。すると、高音域の発声に合わせて声帯の形状がヘッドボイスを発声する際のような薄く伸展したものになっても、声帯筋が機能することで閉鎖期を有する喉頭音源が生成されるようになり、結果、地声要素を含む声を発声できるようになります。

さらに声帯筋の末端部分の筋繊維が機能するようになると、声帯筋の先端のみを振動させることができるようになります。このようにして、機能部分の体積が小さくなればなる程、地声要素を含む声の上限が高くなっていきます。こうして、ミドルボイスが完成し、ミックスボイスが習得できた状態となります。

以上がミックスボイスを習得工程の流れに沿ってみる内喉頭筋郡の働きとなります。実際は、喉頭周辺筋肉の筋肉の作用のバリエーションはもっと複雑なものです。しかし、こうしてミックスボイス習得の流れに沿って、筋肉の大まかな働きを認識することで、それぞれの働きをダイナミックに認識することができるのではないでしょうか?是非、喉頭周辺の筋肉の働きのイマジネーションを豊かに膨らませながら発声練習を実施してみてください。きっと、練習の効果向上にも役立つと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で