ボイス・リビルディング発声理論

このサイトは、ボイストレーナーである私、箕音(みおと)成優(なりまさ)「日本で最も明確でわかりやすいミックスボイスの習得理論」を目指し、創設いたしました「ボイス・リビルディング発声理論」の公式サイトになります。

当サイトは、ミックスボイスボイスを習得するためのアイディアや発声に関する情報をご紹介しております。はじめて当サイトを訪問された方は、「はじめに」のページに各ページの閲覧手順例をご紹介させていただいておりますので、そちらをご参照いただければと思います。

また、2015年3月にボイス・リビルディング発声理論「ミックスボイス習得無料講座」を開講いたしました。ミックスボイス習得に関する情報は、主にこちらから配信させていただいております。ご興味のある方は是非、ご参加ください。

ボイス・リビルディング発声理論の概要

アメリカ、ロサンゼルスで出会った発声法

私、箕音は現在、東京都内にてボイストレーナーとして活動しております。今でこそ、「ミックスボイスに必要なものが何なのか」を皆様に明確に提示できる確信があります。ですが、かつて私は、様々なボイストレーニング理論の間を右往左往していた人間でした。その頃の私は、とりあえず目にした発声法を余すことなく習得しようと、多くの労力・費用・時間を費やしました。しかしながら、今思いかえせば、その結果「得られたもの」は、残念ながら非常に限られたものでした。 そんな発声法の放浪者だった私に、大きななインパクトをもたらしてくれたのがロサンゼルスの音楽学校「LA Music Academy」で出会った発声法でした。ここではじめて発声器官の機能を高めるための発声法に出会うことができたのです。

それまで私が出会ってきた発声法の主役の多くは「横隔膜」でした。それらの発声法はいかに腹筋を使い、声量・声域を広げることができるか?が訓練の指針の全てでした。今も、日本の流派のほとんどはこの「横隔膜信仰型」の発声法を採用しています。しかし、喉頭器官に正しい習慣を学習させている過程において、腹式呼吸は採用されるべきではありません。この大前提かつ最重要と言える真実を私に教えてくれたのはLA MusicAcademyで出会った発声法でした。

ボイス・リビルディング発声理論創設

しかしながら、私がこの『ロサンゼルスの音楽学校で出会った発声法』に満足することができたかというと、残念ながらそうではありません。なぜなら、その発声理論は論理性に乏しいところがあったからです。当初、学校に在籍していたトレーナーはみな、勤勉で、かつ素晴らしい身体能力と感覚を持ち合わせておりました。彼らはみなクリエイティビティに富み、創始者が作り上げた発声理論を常にブラッシュアップしておりました。しかしながら、欧米人の彼らがその優れた身体感覚で得た情報が反映された発声法は、「感覚」に頼るものが多く、論理的に不明瞭な点もしくは矛盾する点が多かったのです。

しかしながら、その発声法の中には正しい発声を習得するための素晴らしい要素がたくさん含まれておりました。それを充分実感していた私は、帰国後、ロサンゼルスで学んだ発声法を元に、独自の発声理論の構築を開始しました。発声における論文や古典書、英文の専門書を元に、不明瞭な点は明確に、そして矛盾がある点に関しては、解釈に相違が生じている点を特定し、解釈をし直す作業を行いました。

こうして出来上がったのが、この「ボイス・リビルディング発声理論」です。身体能力や感覚の鋭さの程度を問わず、誰もが発声器官を最大限に「効率的」に働かせることができるようになることを目的とした理論です。この理論の内容を理解していただき、発声練習を継続して実施していただければ、きっと、あなたの歌声の悩みも改善されるでしょう。

声の再構築を意味する「ボイス・リビルディング」

「リビルディング」は、「再建」や「建て直し」などを意味します。

これまでの生活の中で身についてしまった発声における悪い習慣を「ゼロ」に戻し、そこから毎日少しずつ声帯とその周辺筋肉の機能を蘇らせ、声を1から作り上げていく作業工程は、何もない状態の土地にレンガを少しずつ積み重ね、月日をかけ完成する、巨大で強固なピラミッドを建設する工程を私に髣髴させました。これが、「ボイス・リビルディング」の名前の由来です。

最新情報

079b501f0e8a9002c88cf53b7cc1090e2

ミックスボイスを習得するための練習方法その2~チェストボイスの出し方~

チェストボイスは軽視されがち? チェストボイスは、一般的に「ないがしろ」にされがちな声種です。おそらく、多くの方がチェストボイス、すなわち「地声が出しやすい音域」において「地声要素のみで構成される声を発すること」に難を要・・・

ページの先頭へ